メンタルヘルス支援ITシステム「ヘプサポ」

労働環境の問題の軽減、ハラスメントの対策・予防、産業医の先生方との支援も快適になります

ヘプサポ

メンタルヘルス支援ITシステム「ヘプサポ」はルスロモーションサポートシステムのことで、ヘルスプロモーションは、「人々が自らの健康をコントロールし、改善できるようにするプロセスである」とWHOによって定義されています。愛知心理教育ラボ(APEL)は社員さんの心と体の健康づくりをトータルでプロモーションしていくシステムとして、ヘプサポのITシステムをつくりました。

メンタルヘルス支援ITシステム「ヘプサポ」を導入していくことで労働環境の問題の軽減、ハラスメントの対策・予防、産業医の先生方との支援も快適になります。システムを使うことで大幅に人事の仕事が簡略化されていきます。仕事の時間と労力の削減につながります。

仕事がスリム化するだけではなく、ハラスメントの問題やメンタルヘルスの不調問題に関して早期発見することができ、早めに手を打ち予防につながることも可能になっていきます。目に見えにくい心の問題を見える化することで対処、対応することが可能になります

製造業の方へ

製造業においては技能を中心に仕事が進んできた背景もあり、人材マネジメントをする管理職役職者が育たないと言うようなお困りこともよくあります。

人材マネジメント能力はその人の性格特性による部分が多いので、具体的に部下をどういう風に指導していくのか、サポートしていくのか、それを継続的に確認をしていけるシステムです。

安全や怪我と隣り合わせで仕事をしているので、時に厳しい指導がハラスメントの境界線になり得ることもよくあるのが現状です。

安全衛生会議を実施していく中で、適切な関わりと不適切な関わりを整理することにも、つながっていきます。

記入していくことで管理部門管理者の育成にもつながるのでマネジメント能力の向上に役に立ちます。またハラスメント気質の職人さん管理職も事前にアラームを立てていくことにもつながります。

障がい者車施設、介護施設の方へ

障がい者車施設、介護施設では、利用者様の状況や状態を毎日記録をしておくと言うのが業務として法令として課せられています。

記録を入力していきそれを集計していくシステムが非常にわかりにくかったり、何かことがあった時の検索(して必要な情報を取り出すこと)が、非常にしづらい時、利用者様の状況があります。システムを利用するることで瞬時に把握することができます。

これらの記録は、今後の支援や職員さんのサービスの向上、ご家族の方の安心にも(どのように)活用していただくことが可能になります。施設の付加価値にもつながっていくことは間違いありません。また職員の業務のスリム化、簡素化にもつながります。

何が職員の方が利用者様との相性と言うだけで良いサービス、そうでないサービスに分かれるのは残念なことなのです。質の良い関わりを職場のケースとして、積み上げていくことも可能になります。サービスの積み上げは、会社の財産として蓄積していくことにもつながります。

外国人技能実習生管理組合の方へ

メンタルヘルス支援ー心健支援 外国人技能実習外国人技能実習生管理組合では、外国人技能実習生が3年ないし5年間、日本で生活していただく時に日本になじみやすく職場で成果を出しやすい外国人労働者の方となかなか日本の生活になじめない外国人労働者の方がいらっしゃるかと思います。

なじめない外国人の労働者の方への支援は組合にとって必要不可欠です。なじめない方が問題や事件や事故に巻き込まれやすいことも組合のお困りごととして、あるかと思うので何かしら実習生として実習生のサインが出てきたことに、記録を残しておき、その実習生に対してどのような支援をしていくのが組合としてサポート方針を決めていくときに役に立ちます。組合として企業様と実習生のサービスをどうしていくかが、組合の価値にもつながっていきます。

今後、外国人労働者が増えてきたり、あるいは技能実習技能実習生が、気持ちよく働いてもらい技能実習星を受け入れる企業様にも安心して、受け入れていただくことが、組合の価値につながっていきます。国が違うと文化や価値観も違うので、それが価値観や文化のズレとして働きにくい人間関係を作るのではなく、理解をしお互い気持ちよく、実習期間の3年間ないしは5年間満了していていただくためのサポートシステムです。

行政 自治体の方へ

行政職は常に短いスパンで、異動などがあり、仕事が変化したり働き方の変化が求められる仕事でもあります。また職員として市民や県民や国民から期待を寄せられながら働くので、非常に心理的負荷のかかりやすい職場の1つとも言えます。

「隣の部署だとよくわからない」とか「縦割りだから気づかない」

という中では、働く職員の方たちが健康であるのか、わからない状況であったり、あるいは周りからのストレスにさらされてしまって対応が後になり、メンタルヘルス不調やうつ病の症状が出てしまう恐れも無きにしもあらずです。そういった時に情報が共有され、職員が長くいろんな部署で働いている管理システムです。

いろんなタイプの職員の方がいらっしゃり、いろんな仕事が混在する職場の中で人をどのように理解をし、管理をしていくのか、行政として民間のリーダーシップを発揮し、働き方改革の1つとして人材マネジメントをやっていくことができます。

仕事の量や質が変わりやすい仕事だからこそ、メンタルヘルスの不調や人間関係のトラブルにも知らない道に巻き込まれやすい状況にあります。だからこそ限られた部署のメンバーの中でお互いを理解するために、メンタルヘルスのシステムがある人事としての部署としても早めに手を打つことのサインができます。

 

電話 052-331-5506
フォームから問い合わせ >>