心理カウンセリング・ビジネスコーチング・キャリアカウンセリング・社員面談

EAP(従業員支援プログラム)の一環としての面談を実施します

心理カウンセリングをEAP(従業員支援プログラム)の一環としての面談を実施します。
職場の社員に対して直接面談やカウンセリングを実施するサービスです。

  • 病院に行くほどではないんだけど…
  • 病院に行けばいいかどうかわからない
  • 病院とうまく連携が取れない

上記症状の社員を、愛知心理ラボの専門家が面談をすることによって、会社としてこれから具体的にどう行動するのかをサポートします。
また、部下や同僚など周囲の「どう関わればいいかわからない」という悩みに対しても支援いたします。
本人だけの相談ではなく、職場内/外の働くことに関する相談できることが特徴です。

職場の内部の人材による面談もすることは、とても重要です。加えて、外部の専門家に相談するからこそ、客観的に安全な形で従業員をサポートすることができます。
会社で外部の人材によるメンタルヘルスに関する不安や悩みについて相談窓口があることは、従業員にとっても非常に心強いサポートになります。

さらには社員同士で、何かしらトラブルがあった場合や、後になって問題が明らかになった場合に、会社のリスク管理として面談をさかのぼって、関係機関等への文書情報提供書類を愛知心理ラボが作成し、活用いただいています。

心理カウンセリング・ビジネスコーチング・社員面談・キャリアカウンセリングのための活用チェックリスト

  • 日ごろのストレスが溜まっていると感じている
  • 人との接し方が分からず、人間関係で不都合を感じることが少なくない
  • 働き方や生き方の見直しをして、より人生の満足度をあげたい
  • 何となく気持ちが沈むことがあるが、何が原因かよくわからない
  • 怒り、焦り、など特定の感情がコントロールしきれないと感じることがある
  • 社会人として、より成長をしていきたい
  • 眠れない、食欲が減っている(増加している)、または飲酒の量が増えたなどの生活の変化を感じている
  • 身体の不調がずっと続いていて改善しない(アレルギー症状や、持病の悪化など)
  • 部下の様子が気になっている。上司としてどうしたらいいのか

このような症状がある場合、心理カウンセリング・ビジネスコーチング・社員面談・キャリアカウンセリングを活用ください。

カウンセリング事例

  • 人間関係の課題
  • キャリアについての課題
  • こころの不調感(抑うつ感など)
  • 生活の乱れ(睡眠・食事・飲酒などのバランスの崩れ)
  • プライベートな課題(家族関係・子育て・介護など)
  • 自分のこと
  • 家族のこと
  • 部下や同僚のこと

心理カウンセリング 活用のご提案

製造業の方へ

製造業の職場では従業員に、メンタルヘルスを状態を聞くアンケートをとったり、上司と面談したり、今重荷に感じていることを記入してもらっても、従業員の本音が出てこないことが、よくあります。
職場の中で従業員は、「今自分が困っている」「できない」「仕事や人間関係を難しく感じている」などは、同僚や上司に潜在的に、なかなか言えないようです。

従業員の面談を計画的、体系的に取り入れていただくことで、「ES(社員満足度)の調査やハラスメントの状況」、「一人一人が困っている、感じている、考えている」、ということをヒアリングすることが会社でできるようになります。
外部の人間だからこそ、従業員が正直に話せることがありますし、従業員の考え方や捉え方の特徴や傾向に対して、心理療法のアプローチが会社でできるようになります。建設的で健康的な形で、より良い職場をめざすことにつながります。

上司のマネジメントトレーニングにつながる心理カウンセリング

製造業の現場では、上司のマネジメントトレーニングを集団で実施しづらいです。
しかし、上司が面談を通じて「部下を育成する時の関わり方」や、「コーチング的アプローチ」に関して”個別事例検討”をとして上司に愛知心理ラボがマンツーマンで行うことで、
キャリアアップにつながる面談が上司ができるようになります。

若手社員に関しては、愛知心理ラボによる心理カウンセリングを行う事で、じっくりと目標設定や今後のキャリアプランの整理し、明確化していくことができるようになります。

サービス業の方へ

サービス業は、職場の中だけではなく、顧客、取引先、協力会社等といった、外部の人と人間関係を作ることが多い業種です。
社員ひとりひとりが顧客とどういう風に関わればいいのか、どんな対応ができるのかという、仕事の中での関わり方について、愛知心理ラボが面談をいたします。

サービス業の方が愛知心理ラボに面談でよく相談される内容は、営業職社員の場合は、どのように営業を進め、人間関係を構築していくのか、と相談されます。また、職場の中の上司と部下との関係、自分がどう働いていくのかのキャリアカウンセリングといった質問も多いです。

行政自治体の方へ

行政の方は、異動や部署変更が起こるたびに、職員は積極的キャリアプランを自分で描けなくなっていき、どういう風に自分の良さと仕事を適応していくのか、を考える機会が多いです。

われわれ愛知心理教育ラボのような外部の専門家が職員とキャリアプランについて面談することで、職員は考え方・価値観や自分の強みを整理をしていくことができます。

自治体職員など、住民サービスが主となる仕事、例えば、市民と直接対話する窓口業務、丁寧な説明が求められる税や公共事業に関する業務の方は、愛知心理教育ラボの心理カウンセリングにより、対人関係スキルをのばし、職場内の人間関係構築スキルを上げていくができるようになり、業務の円滑化や合意形成を容易にするということを自ら考えていけるようになります。

また、窓口サービスに従事されている職員は、様々な考えや要望を持つ住民の方たちとのやりとり、例えば、「公共施設の使用申請したいが、申請可能な基準を満たしておらず、そのことに納得できていない方にどう説明するのか」など、、愛知心理教育ラボの心理カウンセリングにより、住民の方とどこまでご自分が関わることが心の健康を保つ上で適切なのかを整理していけるようになります。

住民の方へ寄り添う気持ちが大きければ大きいほど、職員は住民の方のエネルギーを強く受けすぎて、不調を起こしやすいです。愛知心理教育ラボの心理カウンセリングにより、住民の方との向き合い方のバランスも具体的に考えていくことができるようになります。

 

電話 052-331-5506フォームから問い合わせ >>