製造業の方へ 心理カウンセリング 活用のご提案

製造業の職場では従業員に、メンタルヘルスを状態を聞くアンケートをとったり、上司と面談したり、今重荷に感じていることを記入してもらっても、従業員の本音が出てこないことが、よくあります。
職場の中で従業員は、「今自分が困っている」「できない」「仕事や人間関係を難しく感じている」などは、同僚や上司に潜在的に、なかなか言えないようです。

従業員の面談を計画的、体系的に取り入れていただくことで、「ES(社員満足度)の調査やハラスメントの状況」、「一人一人が困っている、感じている、考えている」、ということをヒアリングすることが会社でできるようになります。
外部の人間だからこそ、従業員が正直に話せることがありますし、従業員の考え方や捉え方の特徴や傾向に対して、心理療法のアプローチが会社でできるようになります。建設的で健康的な形で、より良い職場をめざすことにつながります。

上司のマネジメントトレーニングにつながる心理カウンセリング

製造業の現場では、上司のマネジメントトレーニングを集団で実施しづらいです。
しかし、上司が面談を通じて「部下を育成する時の関わり方」や、「コーチング的アプローチ」に関して”個別事例検討”をとして上司に愛知心理ラボがマンツーマンで行うことで、
キャリアアップにつながる面談が上司ができるようになります。

若手社員に関しては、愛知心理ラボによる心理カウンセリングを行う事で、じっくりと目標設定や今後のキャリアプランの整理し、明確化していくことができるようになります。

関連記事

  1. 行政自治体の方へ 心理カウンセリング 活用のご提案

  2. サービス業の方へ 心理カウンセリング 活用のご提案

最近の記事

  1. メンタルヘルス支援ー心健支援 外国人技能実習
お問い合わせ