会社案内

会社概要

愛知心理教育ラボ(APEL)

心理・人間関係・メンタルヘルス事業を中心として、人材育成研修や組織支援、心理カウンセリングを提供します。 また、生き方や働き方での個人の人間性の成熟をめざす「心理と教育」サービスの研究所です。

会社

株式会社 愛知心理教育ラボ

2014年11月

所在

〒460-0022 名古屋市中区金山1丁目2番4号 IDエリア7階

代表

代表取締役  毛受 誉子(めんじょう たかこ)


メンタルヘルスを通じての企業、組織安全衛生管理事業、
各種研修事業(企業人材育成、各学校向け、キャリア支援)、各種コーチング、カウンセリング事業 他


取引

(社)日本経営協会、(株)学研アソシエ、ベネッセiキャリア、中部労災看護専門学校、(株)ウィルシード、旭電機工業(株)、成瀬化学(株)、(有)宝製作所、ベーカリーシステム研究所、マルスフードショップ(株)、鈴豊精鋼株式会社 他

会社理念

理念

職場の環境を整え、企業と社会の発展を促進します。

企業で働く人の心の健康をサポートする(メンタルヘルス)事業を中心とし、経営・人事/労務部門における適切な対策を、専門的な立場から支援します。また、職場環境を心理・人間関係の面から改善するため、人材育成研修や組織改善などを長期的視点に基づき実施します。

ロゴにこめられた思い

ロゴマークのデザイン

「愛知心理教育ラボ(APEL)の頭文字「a」をモチーフにしています。そしてその中に生きるための軸(人間性の本質)としてのハートが芽吹いていくイメージを表現しています。たった一つの愛や知恵、自己表現が水面のように会社や社会全体へ広がっていって欲しいという思いをこめたものです。

 

愛と知恵から人間としての今ここの生き方をサポートします。


思いやりや関係性を大切にし見直すことで、職場と人にいい循環が生まれます。


知識や知恵/心理学を、よりよく働くための知恵として活かしていきます。

心理
働く人と組織、心と身体の健康が育まれるようメンタルヘルスを改善します。

教育
組織も人も、成長し成熟していくための「発達/成長」をサポートします。

ラボ
知識や技術、社会や環境への探究を行い、自らも成長してゆきます。

会社沿革

2008年 NLMデザイン立上げ(名古屋市中区錦2-17-11 伏見山京ビルに事務所を構える)
2008年 メンタルサポートルーム立上げ
2008年 社会貢献団体 絵本コーチング事務局立上げ
2010年 キャリア創造事業 開発・運営(愛知県、三重県、岐阜県の業務委託請負)
2011年 メンタルヘルスの独自プログラム企画・参入
2014年 (株)愛知心理教育ラボとして法人化

所属 愛知中小企業家同友会

アクセス


▶広域の地図はこちら

 

電話 052-331-5506フォームから問い合わせ >>
 

持続可能な開発目標(SDGs)

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。
持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。

愛知心理教育ラボは、目標の達成に向けて貢献いたします。




ネットショップ