行政 自治体の方向けメンタルヘルス支援

行政職は常に短いスパンで、異動などがあり、仕事が変化したり働き方の変化が求められる仕事でもあります。また職員として市民や県民や国民から期待を寄せられながら働くので、非常に心理的負荷のかかりやすい職場の1つとも言えます。

「隣の部署だとよくわからない」とか「縦割りだから気づかない」

という中では、働く職員の方たちが健康であるのか、わからない状況であったり、あるいは周りからのストレスにさらされてしまって対応が後になり、メンタルヘルス不調やうつ病の症状が出てしまう恐れも無きにしもあらずです。そういった時に情報が共有され、職員が長くいろんな部署で働いている管理システムです。

いろんなタイプの職員の方がいらっしゃり、いろんな仕事が混在する職場の中で人をどのように理解をし、管理をしていくのか、行政として民間のリーダーシップを発揮し、働き方改革の1つとして人材マネジメントをやっていくことができます。

仕事の量や質が変わりやすい仕事だからこそ、メンタルヘルスの不調や人間関係のトラブルにも知らない道に巻き込まれやすい状況にあります。だからこそ限られた部署のメンバーの中でお互いを理解するために、メンタルヘルスのシステムがある人事としての部署としても早めに手を打つことのサインができます。

 

関連記事

  1. メンタルヘルス支援ー心健支援 外国人技能実習

    外国人技能実習生管理組合の方向けメンタルヘルス支援

  2. 障がい者車施設、介護施設の方向けメンタルヘルス支援

最近の記事

  1. メンタルヘルス支援ー心健支援 外国人技能実習
お問い合わせ