外国人技能実習生管理組合の方向けメンタルヘルス支援

メンタルヘルス支援ー心健支援 外国人技能実習

外国人技能実習生管理組合では、外国人技能実習生が3年ないし5年間、日本で生活していただく時に日本になじみやすく職場で成果を出しやすい外国人労働者の方となかなか日本の生活になじめない外国人労働者の方がいらっしゃるかと思います。

なじめない外国人の労働者の方への支援は組合にとって必要不可欠です。なじめない方が問題や事件や事故に巻き込まれやすいことも組合のお困りごととして、あるかと思うので何かしら実習生として実習生のサインが出てきたことに、記録を残しておき、その実習生に対してどのような支援をしていくのが組合としてサポート方針を決めていくときに役に立ちます。組合として企業様と実習生のサービスをどうしていくかが、組合の価値にもつながっていきます。

今後、外国人労働者が増えてきたり、あるいは技能実習技能実習生が、気持ちよく働いてもらい技能実習星を受け入れる企業様にも安心して、受け入れていただくことが、組合の価値につながっていきます。国が違うと文化や価値観も違うので、それが価値観や文化のズレとして働きにくい人間関係を作るのではなく、理解をしお互い気持ちよく、実習期間の3年間ないしは5年間満了していていただくためのサポートシステムです。

 

関連記事

  1. 行政 自治体の方向けメンタルヘルス支援

  2. 障がい者車施設、介護施設の方向けメンタルヘルス支援

最近の記事

  1. メンタルヘルス支援ー心健支援 外国人技能実習
お問い合わせ