ヘプサポ(light)版 メンタルヘルス支援ITシステム

健康経営サポートシステム まるごと見える化light

 

製造業の方へ メンタルヘルス支援ITシステム

製造業においては安全衛生会議を定期的に実施しています。
毎月、定点的な集計データを、メンタルヘルスの分野や長時間労働者や有給取得の観点からチェックをしていくことで、従業員が安全な環境の中で、働いているかをまずチェックします。

さらに、部下のコンディションの様子を、上司が客観的に見ると言うトレーニングにもなるので、メンタルヘルス対策のラインケアとして、何をやっていて、何ができていないのかということを数値化管理することができます。

毎月2~ 3分程度の入力で、データの集約・集計にもつながり、管理職の方の報告負担や人事の方の集計の把握の時間や安全衛生会議の資料作成時間の削減につながります。仕事の状況が見える化できることにつながります。

サービス業の方へ メンタルヘルス支援ITシステム


サービス業では、同じ部署のメンバーがなかなか顔合わせられなかったり、目に見えづらい仕事をされている方も多い中で、お互いにお互いのことを理解しあうために、上司が部下のことを理解することが遅れがちです。

また人事異動や部署異動等も頻回に起きる部署であれば、職場の中の人間関係も希薄になり、上司が部下のことを管理理解することもなく仕事が進んでいくことが多いです。毎月1回チェックをしておくことで、人材が流出することを抑制、人が定着する職場に変化していくものと思われます。

サービス業とは…営業、広告代理店、派遣の方、などイメージしています。部署メンバーがどうなってるかということよりも、外回りや、提携会社、外部の方とで仕事を進めることが多く、仕事に追われ、人が辞めて、いつ休みなのかも、社内で共有できていない。という会社をイメージしています。

行政の方へ メンタルヘルス支援ITシステム

部署の職員がどういう状態で働いているのか、心と体の簡単チェックと長時間労働や有給取得状況を簡単チェックをしていくことで、役職に就いた方がマネジメントトレーニングをしていくことができます。

仕事が縦割り化され、同じ部でも、部署や係で違うの業務の担当を任されていると、係が違うと仕事が見えないとか、お互いの抱えている業務量を知らないまま、1人の職員に仕事が偏ってしまったり、仕事を仕事を英語のみする職員がでてきやすくなります。

また係のスタッフが係りの職員が22条という枠組みの中で働いている職員だとマネジメントトレーニングができません。その時に部署としてどういう状況なのか、簡単にチェックをし、心と働き方の状態を把握していくことが必要不可欠になります。この記録をとっておくことで上司は部下の状態を理解することにつながります。

 

電話 052-331-5506フォームから問い合わせ >>