行政自治体の方へ 心理カウンセリング 活用のご提案

行政の方は、異動や部署変更が起こるたびに、職員は積極的キャリアプランを自分で描けなくなっていき、どういう風に自分の良さと仕事を適応していくのか、を考える機会が多いです。

われわれ愛知心理教育ラボのような外部の専門家が職員とキャリアプランについて面談することで、職員は考え方・価値観や自分の強みを整理をしていくことができます。

自治体職員など、住民サービスが主となる仕事、例えば、市民と直接対話する窓口業務、丁寧な説明が求められる税や公共事業に関する業務の方は、愛知心理教育ラボの心理カウンセリングにより、対人関係スキルをのばし、職場内の人間関係構築スキルを上げていくができるようになり、業務の円滑化や合意形成を容易にするということを自ら考えていけるようになります。

また、窓口サービスに従事されている職員は、様々な考えや要望を持つ住民の方たちとのやりとり、例えば、「公共施設の使用申請したいが、申請可能な基準を満たしておらず、そのことに納得できていない方にどう説明するのか」など、、愛知心理教育ラボの心理カウンセリングにより、住民の方とどこまでご自分が関わることが心の健康を保つ上で適切なのかを整理していけるようになります。

住民の方へ寄り添う気持ちが大きければ大きいほど、職員は住民の方のエネルギーを強く受けすぎて、不調を起こしやすいです。愛知心理教育ラボの心理カウンセリングにより、住民の方との向き合い方のバランスも具体的に考えていくことができるようになります。

関連記事

  1. サービス業の方へ 心理カウンセリング 活用のご提案

  2. 製造業の方へ 心理カウンセリング 活用のご提案

最近の記事

  1. メンタルヘルス支援ー心健支援 外国人技能実習
お問い合わせ